スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

intershop 2000が移転

蚤の市とは関係ないお話ですが旧東ドイツ繋がりということで。

旧東ドイツで売店、食堂、簡易宿舎などに使われていた伸縮自在&移動型コンテナルーム、Raumerweiterungshalle。それを旧東ドイツ時代の日用品を販売するショップとして利用していることでガイドブックでもおなじみのintershop 2000が移転したそうです(情報ありがとうございます!)。1月にその告知Pressemitteilung(PDFファイル)が出ているのでここに紹介します。

Verein zur Dokumentation der DDR-Alltagskultur e.V. (旧東ドイツ日常文化資料協会)
intershop 2000 / Schaufenster des Ostens



Elke Matz
旧東ドイツ日常文化資料協会


プレスインフォメーション

ベルリン、2011年1月13日

Oberbaum Cityを去る „移動型拡張コンテナルーム“

現在開催中の展示 „Vom VEB zur GmbH (VEBから有限責任会社へ)“
intershop 2000が新しい „Schaufenster des Ostens (東のショーウィンドー)“ に移転

1960年代の旧東ドイツで生まれた建築物、移動コンテナのTransportable Raumerweiterungshallen (REH) 2棟が1998年10月1日よりFriedrichshain(フリードリスハイン)Oberbaum CityにあるEhrenbergstraßeで利用されています。

これらはスクラップになるところをElke Matzと旧東ドイツ日常文化資料協会の会員たちによって救われたものでした。そのうちの1棟はインターショップ(※西側外貨でのみ品物を購入できた国営商店)としてベルリンのOstbahnhof(東駅)に1990年まで存在していました。現在このコンテナルームは10年以上前からオリジナルの旧東ドイツ時代の日用品を販売するintershop 2000に場を提供しています。もう1棟の „Schaufenster des Ostens“ は展示スペースとして利用されています。

今春に都市計画事業による建築工事が始まるため、店の土地を2011年3月末までに明け渡さなくてはいけなくなりました。この珍しいREHは売却されるまでここであと約2ヵ月間ご覧いただけます。新しい店の場所はまだ最終的には決まっていません。協会は現在展示会 „Vom VEB zur GmbH (VEBから有限責任会社へ)“ を行っており、Schkeudizer Kreuzのミトローパ・グリルチキン売店のオリジナル設備 „Max und Moritz“ もご覧いただけます。

2011年5月1日に新しい „Schaufenster des Ostens“ が以前KONSUM(※旧東ドイツのチェーン店)があったDannecker Str. 8、現在の店から2本だけ道を挟んだ場所にオープンします。協会は引き続きそこで小道具のレンタル、オリジナル旧東ドイツ日用品や有名な旧東ドイツグッズベスト80の販売をいたします。

お問い合わせ:
Elke Matz, Grolmanstr. 23 in 10623 Berlin,
Tel.: 030 – 31 800 364, mobil: 0177 – 321 0014;
Email: intershop2000.matz@web.de
intershop 2000/Schaufenster des Ostens, Ehrenbergstr. 3-7 in 10245 Berlin-Friedrichshain,
営業時間:水-金 14-18時、土・日 12-18時



Elke Matz / 旧東ドイツ日常文化資料協会理事
住所: Grolmanstraße 23 / 10 623 Berlin
電話 030 – 318 00 364 / 携帯 0177 – 321 0014 / intershop2000.matz@web.de


そのコンテナルームは2棟とも新しい引き取り先を募集中なのだそうです。詳細は次の記事で!
スポンサーサイト
COMMENT : 6
TrackBack : 0
CATEGORY : 未分類
THEME : ドイツ
GENRE : 海外情報 |

派手ハデケース入りのトランプ

Spielkarte_00
蚤の市でときどき見かける古いアルバム類。ものすごくポップでカラフルな柄のものが多いんですよね。見た目の可愛さとは裏腹に(笑)、ほんっとーに重いので買ったことはないのですが…

Spielkarte_01
それと似たような雰囲気のカバーをガラクタの詰まったダンボール箱の中から見つけました。ざらっとした加工がされているビニール。実際の色はちょっと違うんですけどね。中性色は難しい。これ手帳じゃないよ♪

Spielkarte_02
開けると透明ビニールの仕切りの中にトランプが♪買った時は中のカードはごちゃまぜだったのであまり期待していなかったのですが、家に帰って整理してみると、52枚+ジョーカー3枚のセットが1枚もかけることなく、赤と青きちんと2組分ありました。紙製のカードなのでいかにも古い見た目ではありますが、破れたり折れたりしているものはないので、今でも十分使えそうです。

Spielkarte_03
なんだか数字も古めかしい雰囲気!Vereinigte Altenburger und Stralsunder Spielkarten-Fabriken AG. Leinfelden b. Stuttgart、1956年からこの名称の会社は存在したようですが、現在はASS Altenburgerというドイツ最大のカードゲームブランドになっています。

Spielkarte_BDK
ドイツ語でキングはKönig、クイーンはDame、ジャックはBubeといいます。

Spielkarte_joker
三種類のジョーカー。

Spielanleitung_00
ケース内のポケットに入っていたミニミニ冊子はSpielanleitung、トランプの遊び方の説明書です。

Spielanleitung_01
RomméとCanastaというゲームのルールが書かれています。日本ではラミーとカナスタと呼ばれるらしい。この説明によるとどちらのゲームもトランプ2組、合計110枚のカードを使うそうで、だからこんな2組セットで売られているのが普通なんですねえ。トランプといえばババ抜き・神経衰弱・七並べ、がんばって大富豪止まりの私です。あ、スピードとか昔やりましたね!


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : その他雑貨 |

cpの壁掛け絵皿・2

cp_Wandteller_gruen_00
前記事の続き。こちらはグリーンベース。

cp_Wandteller_gruen_muster
茶色のお皿に濃い緑色のペンキを塗ったか緑色の丸いシールを貼り付けた上に筆で絵を描いたみたいな感じ。う~ん曲線の美(←?)。柄は細かいわけでもなくごく単純なんですけどね。組み合わせでこんなに可愛くなるという。

cp_Wandteller_gruen_02
こっちのお皿にはラベルは残っていなかったです

cp_Wandteller_gruen_03
かっさかさに風化した壁掛け用の紐。こんなテープで貼っつけただけのもので本当に重さに耐えられたんでしょうか?ちなみにこのお皿は直径19cm、重さは300gあります。

cp_Wandteller_gruen_04
おなじみのColditz Porzellanのロゴ、でも下にいろいろ書かれている文字は一枚目の絵皿とはまた違います。

ANNABURG
SINTOLAN
DISHWASHER SAFE

Annaburgはザクセン=アンハルト州ヴィッテンベルク郡にある小さな町です。SintolanというのはSteingut (英語でいうEarthenware)とSteinzeug (英語でいうStoneware)の中間的な焼き物で、焼成温度は1000℃以下と低めです。1870年代にSteingut工場ができたAnnaburgでは、旧東ドイツDDR時代の1970年にVEB Porzellankombinat Colditzに組み入れられ、"ハーフ・ポーセリン" とも呼ばれるSintolan食器の製造が始まったそうです。

cp_Wandteller_map
この絵皿に関わる町の名前を地図で見るとこんな感じです


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 食器 |

cpの壁掛け絵皿・1

cp_Wandteller_00
Ostbahnhof(オストバーンホフ:東駅)で年に数回開催される大規模な蚤の市で見つけた絵皿です。台の上に並べられていたのではなく、箱の中に無造作に突っ込まれていました。お世辞にもキレイとは言い難い状態だったのですが、絵柄がとっても好みだったので!

cp_Wandteller_braun_00

cp_Wandteller_braun_muster
ポスターカラーのようなぺっとりした絵の具で手描きしたかのような花柄。ところどころ剥げちゃってたり傷があったりするんですが、まあしゃーないですわなー

cp_Wandteller_braun_03
厚手のつやつやしたごく普通のお皿に描かれています。すっかり変色してカサカサになっていますが壁掛け用の紐が貼り付けられています。今この紐を使ってぶら下げたら絶対危ないでしょう!

cp_Wandteller_braun_04
このお皿、おなじみ旧東ドイツのColditz Porzellan製なんです。ラベルには「壁掛け用絵皿の水洗いはダメ!無色の家具用ワックスで汚れを落とし、磨くこと」とあります。VEPとはVerbraucherendpreisまたはVerkaufseinzelpreisの略で、意味はEVPと同じ、つまり旧東ドイツで表示が義務付けられていた国指定の公定価格です。この皿は当時6マルク70ペニヒだったということです。Siebdruckはシルクスクリーン、スクリーンプリントのことだそう。チェコとポーランドどちらの国境にも近い町Zittau ツィッタウの工場でペイントされたようです。


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 食器 |

CORDOflamの両手鍋(大)

CORDOflam_Topf_rot_gross_01
一般の人の出店で見つけたCORDOflamの大鍋です。CORDOflamはこの独特のマットな質感といいますか、オーラと言ってしまえばラクなんですけど、初めて見る柄でもすぐそれとわかります。たとえ日用雑貨に埋もれてひっそり売られていたとしても。

CORDOflam_Topf_rot_gross_02
こういう暖色系でまとめられた柄も大好きです。手書きでラフに描かれたような脱力感。剥げている部分があることからもわかるように、珍しいほどに使い込まれた跡が見られます。いかにもこびり付きやすそうだしあまりに重量があるので、CORDOflamは実用的ではないのではと密かに思っていましたが、実際に一般家庭で使われていたことがわかってうれしかったです。

CORDOflam_Topf_rot_gross_03
茶色に塗られた裏にもけっこう引きずった跡やおコゲが。あぁほんとに鍋として使用されていたのですねえ。ロゴのプリントがかなりズレてる…のは元からです

CORDOflam_Topf_rot_gross_04
形はこれのサイズ違いでして(重ねるなー)。上のお鍋の内径は19.5cm、下のお鍋は16cmです。先に手に入れた方の16cmのお鍋にはふたがなかったんですが、

CORDOflam_Topf_rot_gross_05
別の時にCORDOflamの赤いふたを単品で見つけたので嬉々として持って帰ったら、サイズは大きい方のお鍋に合うものだったという。570gもの重さがある同形同色のふたが2つも(汗)。こんな丈夫そうなふたのスペアなんていらないー。しかも写真では反射しててキズとか見えないけど中古感は同じぐらい。なのでどちらかを贔屓する理由もないのである…


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 2
TrackBack : 0

Acapulco柄の両手鍋

Topf_AcapulcoDekor_00
Acapulco柄がぐるりと描かれている小さなホウロウ鍋です。以前にもこの柄がプリントされたやかんを見たことがあるのですが、Villeroy & Boch ビレロイ&ボッホはこの柄でも鍋類を製造していたのでしょうか?ロゴも見られないし、どうも柄だけパクって作られたものじゃないかと思うのですが…。検索してみてもeBayに出品されているミルクウォーマーの画像ぐらいしかみつからず、それにもロゴの写真はないのでよくわかりません。

Topf_AcapulcoDekor_02
直径15cmなんですが見た目よりもずーっと重くて…ふた付きで800gあります。そこそこ使用されたとみえて内側に細かい傷が無数に付いているものの、ごっちゃごちゃに山と積まれた中から引き抜いたモノにしては大きな塗装の剥げなどがなく、かなり頑丈なつくりなんだろうなと思います。

Topf_AcapulcoDekor_03
Villeroy & BochのAcapulcoを知ったのは一般出店のおばちゃんのコレクションがきっかけでした。様々な不用品が並べられている中でカラフルな鳥や花の絵で彩られた食器セットが目に留まり吸い寄せられてしまいました。「初めて見た、これ可愛いですね~」と言うと「あら知らないの、Villeroy & BochのAcapulcoよ」と。そのコレクションはどれもちょっとダメージが目立ったので購入には至らなかったのですが、おばちゃんが色々と教えてくれたお陰でそれ以降蚤の市ですぐ目に入るようになりました。

Topf_AcapulcoDekor_04
60~70年代に人気を博したAcapulco柄の食器は2008年にNewWaveシリーズで復活しています→Villeroy & Boch eShop: NewWave Acapulco。しかしファンには昔の型が根強い人気のようで、蚤の市でもその価値をわかって売っている業者さんがほとんどです。一般の方が自身のコレクションを売っていることもありますが、どちらにしても大事に扱われていたものが1ユーロやそこらでというわけにはいかないようです。鍋敷きなどはそのまま飾っておきたいほどポップで可愛く、状態の良いものをいつか手に入れることが夢です。


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 0
TrackBack : 0

cp Rationellシリーズの一人用ミニポット2

cp_Rationell_Portionskaennchen2_01
大好きなブルーでしかも2ついい状態で揃えられるってのでつい…。以前手に入れた鳥柄のものと同じ、Rationellシリーズのお一人様用ポットです。Kaffeekännchen(コーヒーポット)と呼ばれるのですがティーバッグを入れて使うのも全然問題なさそうです。

cp_Rationell_Portionskaennchen2_02
Colditz Porzellanの略のcpロゴ、MADE IN GDR、DISHWASHER SAFEの文字。ラインが入っているだけのこのようなシンプルな柄はまさにガンガン食器洗浄機にかけてタフに使われる業務用らしいですねえ。だから蚤の市でもまとまった数が出てくることが多いようです。そうそう、ベルリンの蚤の市でもラインが入ったパイレックスのレストランウェアが大量に積まれて売られていることがたまにあります。

cp_Rationell_Portionskaennchen2_03
コレクターの夢、コレクションタワー(笑)。スタッキング可というのもこのシリーズの特長、なのでIndustrieform DDRの写真を真似してやってみました。蓋上部の円形のくぼみに独特の形をしたポットの足がぴったりはまるんですが、でもちょっと怖いー。

cp_Rationell_Portionskaennchen2_04
本当はこのブルーラインが入ったカップとお揃いのポットなのだと思いますが、手持ちの葉っぱ柄のカップと合わせてみました。同じcp製なのでブルーの色味は同じ、まあこれもいけるかな。このブルー、実物の色はもっと深みがあっていい色なのですよー。


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 食器 |

Jenaer Glasのオレンジ×茶の花柄ボウル

Schott_JenaerGlas_Schuessel_2_01
よっぽどこの花柄に縁があるんでしょうか。もうキモチワルイとも感じないどころか、状態が良かったら「ラッキー♪買うべ」と思うまでになりました。一般でも専門業者の出店でもJenaer Glasのボウルは本当によく見かけます。多くの家庭で実際に使われていたものがこんなふざけたポップな柄入りのものだったなんておもしろーい。

Schott_JenaerGlas_Schuessel_2_02
3個セットで買ったボウルの一番大きいサイズのものとの形の違いがわかりますでしょうか。直径20cmということとガラスの薄さは共通です。Jenaer Glasのボウルといえばもう1つ形違いがありました

Schott_JenaerGlas_Schuessel_2_002
これも直径20cmなんですが、形もガラスの厚みも全然違います。

Schott_JenaerGlas_Schuessel_2_03
やはりこうして並べると達成感というか満足感が沸いてくるもんです。

Jenaer Glasについてはこちらの記事から→Jenaer Glas ① "41人のガラス職人隊"その1


*ブログランキングに参加しています*
 左:ベルリン情報 右:アンティーク・レトロ雑貨

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 食器 |

プロフィール

caramelmuffin

Author:caramelmuffin
目指せベルリン蚤の市マスター

※文章・画像の無断転載はしないで下さい。内容に責任の生ずるショップの商品説明などに使用するのもどうかご遠慮下さい。リンクしていただける方はご一報いただけるとうれしいです。

↓ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


リンク

このブログをリンクに追加する


QRコード

QRコード


アクセスカウンター


Copyright © ベルリン蚤の市フリークの記録ノート All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。